« APJ作品展2018 『ライティングビューロー』 | トップページ | 夏のセミナー2018 のお知らせ »

折り紙の箱

S_mg_6734
『BOITE ORIGAMI REVISITEE』

仏雑 誌刺繍とカルトナージュの23号
に掲載の作品よりインスピレーションを受けて
La boite a C の
パトリシア先生が改訂されたもの。

4月のパリ研修でパトリシア先生に習った作品です。

フランスで日本人が折り紙の箱を習うのも
逆輸入?のようで面白いですね。

使った素材は
紙と
壁紙(たぶん)です。

どちらも現地、パリ郊外のフレンヌにある
額装屋さんで買ったもの。

金具だけは帰国してから
私の持ち手コレクションの中から選び
取り付けました。

蓋には『やまおり』や『たにおり』を
カートンで表現していますが
この組立てが
なるほど!
と思わず唸る作り方。
そして、貼り方にも工夫あり。

勉強になる作品です。

パトリシア先生の
素晴らしいレシピと
細かな処理や
丁寧なレクチャーに
脱帽。

アトリエの生徒の研究科のみなさま。
ぜひチャレンジなさってみてください^^

(研究科とは・・・
アトリエボンボニエール初級・中級・上級の
カリキュラムを終了し、卒業制作を提出された方です。)

S_mg_6740

S_mg_6741

S_mg_6742

研究作品に追加します。

|

« APJ作品展2018 『ライティングビューロー』 | トップページ | 夏のセミナー2018 のお知らせ »

カルトナージュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528320/66946128

この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙の箱:

« APJ作品展2018 『ライティングビューロー』 | トップページ | 夏のセミナー2018 のお知らせ »